出会い系初心者の方へ

出会い系の料金体系

ポイント制サイト

ほとんどのサイトで男性のみ有料、女性は無料です。男性はクレジットカードなどでポイントを購入し、メール送る・掲示板に書込むなどする度にポイントを消費するシステムです。
男性陣はアダルト掲示板に飛びつきがちですが、いかにもな書込みは援デリと呼ばれる無許可風俗業者の方々ですのでスルーしましょう。練りに練った個性的な文章で掲示板に書込み、じっくりアプローチを待ったほうがよいと思います。「練りに練った個性的な文章」とは何か?というのはあなたの個性と戦略によると思うので…携帯を複数お持ちの方は女性で登録して返信が多い他の男性会員の書込みを研究するのがよいかと。
ポイント制出会い系サイトではワクワクメールハッピーメールが二大巨頭、ここに食い込むのがPC MAXという構図と思います。経験上、ハッピーメールが最もまともなお相手と会えるという感があります。ヤンキー臭、ビッチ臭、メンヘラ臭がしないというか。
更に手を広げるのであれば、YYCASOBOイククルがあたりを押さえておけばもう十分。あとは機能やインターフェースなども含めて自分に合ったサイトでじっくり活動するのがよいでしょう。

定額制サイト

月額等で固定費用が発生するかわりに主機能の利用に制限のないサイトです。
結婚も視野に入れた「本気の恋」を標榜するサイトが多く、代表格のラブサーチは女性は無料で利用できます。女性も有料である点で信頼性がおけるサイトにブライダルネットYahoo!パートナーがあります。

プリペイド制サイト

所定のチケット数枚を購入し、プロフィール検索や日記などで意中の相手をみつけ申込み~相手がOKを出しやりとりを始める時点でチケットを消費~以降はその相手とのみ無制限でやり取りができるというポイント制の変化球システムです。
e-お見合いが代表格です。

無料サイト

掲示板

広告収入で運営されている料金の発生しない掲示板/スレッド方式です。
かつては無料出会い系といえばスタービーチ(スタビ)、スタビ亡き後はMコミュでしたが、SNS・アプリ系に押されてもはや風前の灯。SNSで地道に活動したほうがよいでしょう。

SNS

本来的にはクローズドなネットワーキングですが、見知らぬ相手とコミュニケーションを取ることも可能なので無料でじっくり出会いを見つけるという意味では有用です。
Facebook・ミクシー・モバゲー・グリーと言わずもがな布陣で、現実世界との混交を避けるためには別アカウントで活動する必要があるでしょう。

アプリ

出会い系のアプリといえばかつてはウェブの出会い系サイトと同機能/一部機能が利用できる付帯アプリがメインでしたが、最近ではアプリ単体のサービスも増えてきました。これからのニューカマーは専らアプリが中心となると思われます。Pairsタップル誕生あたりが代表格。

相手を惹きつけるプロフィールの書き方

プロフィールはしっかり記入、ただし長すぎず

出会い系サイトに登録したら相手を探す前にご自身のプロフィールをしっかり記入しましょう。
ポイント系有料出会い系サイトではプロフィールの自由コメント欄にデフォルの記入項目が用意されています。慣れないうちはデフォルトの項目(趣味/誰似/髪型/性格/望む相手…etc)に沿ってきちんと記入するのがよいでしょう。
文章力に自信がある方はデフォルの項目は無視して自分なりの文章で記入したほうがより個性をアピールできると思います。ただし、あまりにも長文過ぎるPRはNG。スマフォなど携帯端末で出会い系にアクセスしているユーザーも多いので長すぎる文章は読んでもらえませんし、出会いに飢えている印象を与える可能性もあります。
詳細検索可能な出会い系サイト

常識と個性のバランスを考えてアピール

「やさしい」「おおらか」「家庭的」などの常套で溢れたプロフィールを多く見かけますが、誰もが思いつく形容のみでは他のユーザーとの差別化ができません。読んだ相手が気にかけるような意外な一面を併記するのがよいでしょう。
「スポーツマンだけれど実はスイーツが好き」などギャップを演出するのが得策と思います。

プロフィール写真でPR

プロフィール写真は必ず登録してください。ルックスに自信が無い方も奇跡の一枚は撮れるはずですし必ずしも顔がはっきりと映っていなくても雰囲気がわかることが重要です。
ある程度容姿に自信がある方は複数枚の写真を登録するのがよいでしょう。顔だけではなく全身や身体の一部の写真を登録するもよいと思います。世の中にはいろいろな嗜好の人がいるもので、肩幅があってがっしりしているとか逆にすごく華奢であるとか太っているけど肌がもちもちであるとか指が細く長いとか…自分ではメリットとは考えていない意外な面が好まれる可能性があります。

プロフィール検索で相手を探す

プロフィール検索機能

出会い系サイトにはプロフィール検索機能が備わっておりポイント系有料出会い系サイトでは数十項目から絞込み検索が可能なサイトもあります。例えばワクワクメールの男性→女性検索では以下の項目で検索が可能です。

  • ★地域
  • ★ニューフェイス
  • ★年齢
  • ★身長
  • ★スタイル
  • ★バスト
  • ★ルックス
  • ★職種
  • ★暇な時間
  • ★交際ステータス
  • ★子供
  • ★お酒
  • ★タバコ
  • ★画像
  • ★動画
  • ★声
  • ★星座
  • ★血液型
  • ★お相手の好みの年齢
  • ★お相手の好みのスタイル
  • ★キャリア
  • ★自己評価
  • ★興味あること
  • ★一口コメント
  • ★並び順

効率は悪いのがプロフィール検索

プロフィール検索から相手を探すのは掲示板などから探すのに比べ、効率からすると非常に悪く不経済です。プロフィール検索でヒットした相手にメールを送っても、送った相手がそのタイミングで相手を探しているとは限らず、学校や仕事などで忙しいタイミングかもしれません。ポイント制出会い系サイトでは相手のプロフォールを見るたびにポイントを消費するサイトも多いので、プロフィール検索→プロフィール閲覧→メール送信を繰り返しているうちにあっという間にポイントを消費している事態になりがちです。

それでも意中の相手を探したい人向け

プロフィール検索は効率が悪いとしても意中の相手が具体的に限定されている人には最適な手段と思います。
年収が一定額以上である、体格や身長、趣味などがどうしても○○でないと我慢ならないとすればプロフィール検索を辛抱強く繰り返すのも有効と思います。
詳細検索可能な出会い系サイト

掲示板で相手を探す

掲示板の種類

ポイント系有料出会い系サイトではジャンルごとに十数種の掲示板を設けています。例えばワクワクメールには以下の掲示板があります。

  • (ピュア)全国男女メル友
  • (ピュア)まずはメル友から
  • (ピュア)友達/恋人候補
  • (ピュア)今から遊ぼ
  • (ピュア)ミドルエイジ
  • (ピュア)画像掲示板
  • (アダルト)すぐ会いたい
  • (アダルト)アダルト・H
  • (アダルト)大人の恋人候補
  • (アダルト)全国メールH/テレH
  • (アダルト)ミドルエイジ
  • (アダルト)アブノーマル
  • (アダルト)ゲイ
  • (アダルト)画像掲示板

掲示板で相手を探すなら掲示板検索

多くの出会い系サイトではプロフィール同様に掲示板も検索が可能です。
掲示板のジャンルを跨って検索することができるので、各掲示板を一つずつ見ていくよりも効率がよく、複数の掲示板に大量に投稿している常連投稿者や業者の判別にも有効です。

掲示板に投稿してアプローチを待つ

ポイントの消費を抑えて相手を見つけるのに最適なのが掲示板に書込んでアプローチを待つ方法です。
ポイント制出会い系サイトでは、掲示板各ジャンル1日1回書込み無料などの制度を設けているサイトが多いので毎日1~2回程度掲示板に書込んでアプローチを待つのが得策です。
男性の掲示板書込み1回に対するアプローチは全く無いか多くても3件程度と思います。毎日書込んで、週に1回程度会える見込みがある相手と知り合えたら十分という気持ちで、釣り糸を垂らしてじっくり待つのがよいでしょう。

日記・つぶやきで趣味・嗜好をアピール

一番趣味や嗜好がPRできるのが日記機能

時間をかけてじっくり相手を探すのに掲示板以上に有用なのが日記を書くことだと思います。
日記の文章は人となりが出るものなのでプロフィールの補足と考えて自分のアピールポイントをそれとなく紛れ込ませて日記を書くのがよいでしょう。ブログやSNSを利用されている方であれば日頃書いている日記の流用で十分だと思いますので定期的に日記を書きましょう。
ポイント制出会い系サイトでもほとんどのサイトで日記の書込みは無料なので、どうしてもお金をかけたくないという方は日記だけ書き続けるという手もあるでしょう。
日記機能がある出会い系サイト

気になる相手の日記にコメント

日記が利用できる出会い系サイトでは他ユーザーの日記にコメントがつけられる機能が実装されています。気になるお相手の日記にこまめにコメントを付けることで相手の好意が得られることもあると思います。ただし、あまりにしつこいとストーカー気質だと思われる可能性があるのでほどほどに。

メモ機能など各種チェック機能を活用

メモ機能

多くのポイント制出会い系サイトではプロフィールに対して個別にメモを残すことができます。気になる相手やNGな相手、業者の疑いがある相手にメモ残して効率的に意中の相手を探すのがポイント消費を抑えるのに有効です。

見ちゃいや機能

やり取りをしたくない相手を無視登録することができます。無視登録をした相手は自分にメールを送ることができなくなり、お互いの掲示板書込みの閲覧もできなくなります。
本来的にはしつこい相手をブロックするための機能ですが、掲示板の書込みを開いた際に業者の疑いがある場合や常連投稿者と思われる場合に(やり取りしていていなくても)こまめに無視登録していくことで誤って同じ投稿者の書込みを開いてしまうことを防ぎ、ポイントの消費を抑えることができます。

業者・CBを見分けるコツ

出会い系にいる業者って?

出会い系には多くの業者が紛れ込んでいます。
アドレス回収業者・援デリ業者・キャッチなどです。

アドレス回収業者

出会い系には高額請求等のスパムメール対象としてメールアドレスを回収する目的で一般のユーザーを装い紛れ込んでいる業者がいます。
いきなりメールアドレスを記載したサイト内メールを送ってくるなどの単純な手法を取る業者が多く比較的判別は容易です。なかには数回やり取した後でメールを送りつけてくる、あるいはメールを尋ねてくる業者もいますが、有料の出会い系サイトでは監視が行われており複数のユーザーにメールアドレス記載のメールを送っているユーザーは退会処理がなされるので、アドレス回収業者の疑いがある場合はすぐに返信せずに数時間~半日程度様子を見るのがよいでしょう。

援デリ業者

援助交際を求める女性ユーザーを装った、主に無届の風俗業者です。実際は「打ち子」といわれる男性が女性のふりをしてやり取りしており、いわゆるデリヘル・ホテヘルのようにマンションや車中で待機している女性が待ち合わせ場所に派遣されてきます。
いきなり金額交渉に入る、待ち合わせ場所が固定であり変更を許容しないなどの特徴があるので、世間話を振ってみたり待ち合わせ場所の変更を持ちかけたりすることで判別できることが多いです。ただし、数日やり取りした後に実は援デリ業者だったなんて話も聞きますので、厳密な判別は難しいかもしれません。
援助交際などしないというのがベストプラクティスと思います。どうしても性交がしたければ風俗店に赴いたほうがよいでしょう。

キャッチ

おもに女性を対象とした水商売・性風俗業などのスカウト行為です。
メール上での勧誘行為はどこかのタイミングでそういった話を持ちかけてくるので判別はしやすいと思いますが、会ってみてかららしつこく勧誘されることもあるの注意が必要です。

CB(キャシュバッカー)

ポイント制有料出会い系サイトではメール送受信や掲示板書込みを行うたびにポイントがたまり、これをウェブマネーや景品、現金に交換できるシステムを女性ユーザーに提供しているサイトが多くあります。実際に出会うことを目的とせず、キャッシュバック目的のためだけに出会い系サイトを利用している女性ユーザーをCB(キャシュバッカー)と呼びます。
CBの方々は複数回やり取りをしていても、具体的な日時・場所など会う話になるとのらりくらりと話を逸らしてきます。ある程度自分に好意をもっている相手であれば自ずと会う話になるはずですので、話がかみ合っていないのにやり取りがだらだらと続いた場合は早晩見切りをつけたほうが得策です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする